睡眠、夢うつつ。

日々のことをつらつらと。

みた映画と通院日和

f:id:madokais:20141021214657j:plain

さて先日英国が恋しくなりガッツリとかりました。英国王のスピーチエリザベス1世、エリザベスゴールデンエイジ。どれも良かったです。こういうのをみちゃうと日本は天皇バンザイ的な作品がないので寂しくなりますね~。(下手すると右になっちゃいますからね)でも個人的には天皇が日本の象徴とされているのは素晴らしいと考えていますし、むしろ私なんかが日本人でいて恥ずかしくない存在かと問われると色々と後ろめたい気持ちも大きいので(人間としての器も小さいので)いろいろと見つめ直すという気持ちになりました。

 

それでは本題にいきましょうか。

 

先日、ようやくここ数年私を悩ませてきたアレルギー症状がいよいよひどくなってきたので皮膚科とアレルギー科のある病院に行ってきました。というのは最近もういたるところ皮膚の荒れ方から、目の異物感まできてしまっていろんなものに集中できなかったのです。

 

数年前も症状が現れたときに皮膚科のある病院にいったのですが「アトピーではない。これは乾燥」と診断され、ステロイド剤とゲンタシンだけ渡されて終了。アトピーじゃないかなぁと思っていたのですが…。今回は引越しをしたということもあって、家の近くから探して向かいました。

 

ドキドキはしていたものの、実際は…。なんと表札がなくて最初ビックリしました。マンションの一室で木製の椅子にピンクがベースの内装の病院、病院とはいえ薬の陳列をみるとちょっと美容っぽい印象を受けました。でも病院です。受付の姉ちゃんは金髪だし…ってえっ、先生も金髪。おまけに丈の短い赤いワンピースに白衣、高いヒール!マジで映画かなんかの設定かと思った!

 

診察室が概ねオープンな状態なのでいろいろと脱ぐとみえるっちゃみえるんですが、まぁほとんど人もいないのでいいかな…。みたいなかんじで、診察開始。やっぱアトピーよこれ~って感じでして、いくつか薬を塗ってもらいました。んで、血液検査をしましょうという話に。気になってたのは先生がバランスボールの上に座って診察してたことです。

 

LEDライトをあてるリラクゼーション系のカプセルにいれてもらったあと、いきなり頭に「これつけるといいわよ」といってヘッドフォンをガシャーン!とはめられ、謎の音楽をきいてると、注射をうたれていました。たぶん注射うってるときはブツブツいってたのでうちますっていってたんだとおもうんですが、音楽きこえてるから聞こえないよ!笑 そんなかんじで血液抜かれたんだとおもいます。確かかゆみをとめるためにも注射うってもらってたとおもうので2回は針いれたのかと…ただ…わかりませんでした。

 

そしてかつてない医療費を支払い、薬局へ…。アレルギー33項目も調べるので高いのはしかたないんだけど痛い出費だよね。(だいたい1万4千円ぐらいです)

 

いやでもほっとしたのは、ちゃんとアレルギーであること、アトピーであること、治療は諦めないこと、といわれたことです。検査結果がどうなるかはまだこれからですが、ようやく第一歩をすすめたのは嬉しいですね。

 

それでは。