睡眠、夢うつつ。

日々のことをつらつらと。

招き猫発祥の地にいる招き猫が衝撃的すぎる件。

f:id:madokais:20150221154155j:plain

みなさんは招き猫の発祥の地が東京にあることをご存じでしょうか?私は先日までしらなかったのですが、今週世田谷線にのっていたら招き猫のポータルをみつけて初めてしりました。ちなみに場所は豪徳寺です。

 

f:id:madokais:20150222220555p:plain

ぱっとみなんてことはないんですが、わりと怖い。

 

f:id:madokais:20150221154104j:plain

ちなみに下の方にはこの招き猫をどうして設立したかをかいてあります。わりと最近なようです。ってか文字がテカっててよめねぇ。

 

招き猫発祥の地ということだけあって、近くの公園も猫の像。いくつか検索するとこの浅賀正治さんという方の作品のようですね。この手の像はいつも作者名まではなんとかたどり着いても、作品の意図が語られてるところは一切みませんね~。なんでこの子こんな形で寝ているのでしょう?

f:id:madokais:20150221154440j:plain

男の子…ですね。

f:id:madokais:20150221154503j:plain

f:id:madokais:20150222222041p:plain

 

近所の商店街にも招き猫。なんかいいなぁ。

f:id:madokais:20150221155114j:plain

 

商店街の先にいくと、その由来となった豪徳寺があります。駅名でもあったけど、寺はちゃんとある。でも残念なことに、私ここで携帯の電池がなくなりかけていたんですよ…。ということでいそいそと引き返すことにし、ほぼ来ただけで終わりました。涙

f:id:madokais:20150221161404j:plain

 

f:id:madokais:20150221163720j:plain

季節的にも梅が綺麗。

 

f:id:madokais:20150221164020j:plain

こちらは招き猫がいっぱいいるところ。奉納されてるのですが、こうしてみるとスゴイ。

 

f:id:madokais:20150221164028j:plain

ここで招き猫を説明しているおじさん(おじいさん)がいらっしゃいましたが、名物の方なようで、わりといろんな人の記事で紹介されています。ボランティアガイド?のようで、すごいなと感じてしまいました。私は一つも説明できそうなことがないのでうらやましいです。

 

さて、余裕があまりないままそそくさとかえってきてしまいましたが、ちゃんとリベンジを果たしたいなと思う場所でございました!今回は電池がないということで準備不足…。三軒茶屋からも近いところなので、時間がある人はぜひ遊びにいってみてもいいかなと思いました。招き猫、まさか世田谷が発祥だったとは!!という今週でございました。

 

それでは、おやすみなさい~。