睡眠、夢うつつ。

日々のことをつらつらと。

「好きなメディアはありますか?」に対して今日は。

f:id:madokais:20160531013904j:image
日々沢山のニュースや記事を読んでると、こんなとこもあるし、この事実を各社こうかいてるし、あーこの記者だからこういうクセあるよな…とか思うし、キュレーションはこんな見せ方するのね、とか、こんな構成でやるのか…なんて思う記事もあるし、アオリにあおったタイトルでクリックしてみたら使い古したネタのアンケート記事やら、やったら書き込んでる紹介記事の最後に商品購入リンクあるPRなしの記事見つけちゃったり、一時流行ったバイラルで「さすがにこのネタ使い回しすぎだろ…俺が数年前にも使った動画だわ…」なんて思ったり、いまやメディアも大量にありすぎて、情報が飽和しているなと感じている。

そんな中で「何が得意なの?」「好きなメディアある?」と聞かれても、最近では答えづらくて「特にないですね」と返してしまう。ここまで媒体が多すぎる中でこれなら一番です! なんて胸張れるものなんて、さすがに言い切るには厳しくもあるのだ。全部読み切れもしないし、ライターすら把握しきれてもいないのに大それたことは言えない。
強いて言えば私が先日立ち上げた某メディアぐらいだろう。企画から執筆まで私がしているし、そもそも私しか記事が書けないような突き抜けたものを作ってしまったとは反省…している。あれは私の愛そのものだ。

自分の話はさておき、今朝、なんとなくインスタでみたオレンジのデザート( https://instagram.com/p/BGAugqIjvxt/ )が、ちょっとしたきっかけとなって、よい1日になったので書いておく。

面倒くさがりやなもので、実はなんとなくでしかみてなかったアカウントだったが、このくらしのきほん( https://kurashi-no-kihon.com ) というサイトは、今日ちらっと調べたら母体はクックパッドだということを知る。松浦弥太郎さんという、もともと暮らしの手帖の編集長をつとめたかたが作っているメディアで、収納の仕方や食器の洗い方など、生活における「本当に普通のこと」が丁寧に記事として掲載されている。どんなファンがいるかわからないが、好きな人は日々アクセスしてるのだろう。
時間ごとに本人のメッセージが更新されたり、夜中にしかでてこない記事があったり、サイトでの仕組みは日々の時間を意識した、人の生活に寄り添うような仕組みになっている。彼の言葉は問いかけるようで、なんとなく深夜にきくラジオを思い出した。

白を基調としたこのサイトでは、レシピはクックパッドに送客されたり、ログインしないとコメントできないようにはなってるものの、あからさまな広告は見当たらない。松浦弥太郎さんのほかに3人ほど関わってこのサイトが運営されているようだが、マネタイズとは切り離して運用してるのかなと少しだけ思った。タイトルとかみてもシェア数とるぞ! というものでもないし、どういうKPI設定してるのかとか、職業柄いろいろ見てしまうが、気にしすぎるのもなんかな…。ショップへの導線があるので、そこで購入する人はいるんだろう。しかしガツガツはしていない。

率直にいって、彼の選ぶもののセンスはどれも研ぎ澄まされていて、好きだ。私は今日知ったばかりなので、あれこれと言えた身分ではないが、1日の生活を大事にする人で、安心してゆっくりした日々を送りたいと思っている私にはすごく丁度良い。(本人は仕事でとても忙しいに違いないが、ブランディングのせいか、その空気をいっさい感じさせない)

情報がくるくるかわるような事件や、CTRやPVを取るように工夫された記事作りは毎回勉強になるが、いつまでも読んでいたいような気持ちにはなれない。これらはつねに神経を削られるものでもあるのだ。

私がいま自分で求めてるものは、一息つけるような優しい文章と、自分の生活を少しでも明るく灯してくれるような情報なんだろう。安心できて、素直に好きと言える媒体があって良かった。

今日はお風呂をいれてるあいだに、朝見たオレンジのシロップ漬けを作る。自宅にあるグラニュー糖を水と生姜で煮つめ、オレンジにかけて冷蔵庫にいれた。やはり料理はいい。


1つの経験で、明日が楽しみと思えることは、本当に幸せなことだ。

f:id:madokais:20160531023300j:image