睡眠、夢うつつ。

日々のことをつらつらと。

今度は副作用という。

f:id:madokais:20160612010301j:image

すこぶる調子がよくなってきたので、今日は散歩したり買い物をする。まずいOS-1も飲みきれるほどにはよくなった。食欲はまずまずだが、だいぶ食べられるようになったので、まったく食べられないという心配はなくなってきた。

 

今日は調子よさのあまり、洗濯を3回する。たまっていた服だけでなく、シーツなどの寝具、タオルなども一通りとりかえた。風呂掃除もするけど、あまり綺麗にならなかったので60%の達成率。ベッドの台もきれいにする。Scansnapで電気代などの明細をデータ化する。一年経ってのみおわらなかったモナンのカシスとブルーキュラソーのシロップを捨てて、台所の隙間をつくる。まだまだだが、捨てられるものをゴミ袋にどんどん入れていく。今週なんとかして口にいれた果物のあいた缶詰を捨てる。常温においていたゼリーを冷蔵庫にいれて冷やし、母親がもってきてくれたアイスを一つ食べ終える。一人が消化できる量は、本当に少ない。

 

ためていた依頼の消化もしてみる。いろんなものが終わってないが、すこし心理的に重い作業を完結させた。終わってないものはまだまだあって、私は逃げている。めんどくさがって連絡してないものもなんとかしなきゃいけない。思いつくだけで三つほどある。

 

f:id:madokais:20160612012415j:image

しかし、調子がよいときはいいが、それはやはり薬がとても強いからだ。今飲んでるのは濃厚ブロチンコデイン配合シロップ(名前がなかなかだな…)というもので、一度に2mlという少量を飲むのだが、これを飲むと一瞬で咳が止まるし、最低でも4時間は持つという、明らかに強すぎる薬なのだ。

そして、私はその副作用に油断していた。

昨日は単に眠気がきたので寝たつもりだったが、今日はロジックがわかった。これは副作用なのだ。ある時間になるとめまいがおきて、横になると2時間は起き上がることができない。「力をいれる」ということを全部もってかれてしまうのだ。ベッドで横になっても、本当に「横になる」になってしまう。すぐ横の窓をしめたくてもしめられないし、かけぶとんをかけるのも手を動かすことができない。抗うことのできない効力が身体にのしかかってくる。

 

目が覚めたあとはそのめまいや副作用時に起きる気分の悪さなどはなくなるし、力も戻ってくるのだが、どうにもその時間がくることを想定して動かないとならないのだなと思うのであった。薬がきれればまた咳は再発する。なんとかして完治させたい。これでもか、というほどに。

 

しかし、まだ完治はしないものの、本当にここまでこれて良かったと思う。先週、先々週から比べれば世界が違ってみえるのだ。

 

明日はどんな日になるだろうか。