読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

睡眠、夢うつつ。

日々のことをつらつらと。

水色の体重計がきたよ。

f:id:madokais:20160618233112j:image

先日の誕生日は症状が重く、半日以上ずっと寝ていた。

 

私は人にAmazonウィッシュリストの公開をしないのだが、友人が普段のお礼もあるからというので、お言葉に甘えることにした。とはいえ、買ってもらうつもりがないからどうにもリストにあるのは本だらけで、アップデートで悩むほうが先だった。とにかく体重が落ちに落ちてきてるので、体重計をいれる。友達はそれと、私が買いに行けなくて困っていたシャンプーを購入してくれた。

そして事件が起きた。

 

届け先の住所が実家だったのだ。

シャンプーは届いたものを母親がもってきてくれたのだが、体重計は転送措置を取ったら一向に動きがなくなったのだ。(ご存知かもしれないがクロネコだと転送措置ができるので、その要領で話した。)

 

実家に配送されてきた体重計をわたしの現住所に届けられないかときいたところ、私宛に電話をし、住所確認後送るという話だったが、一向に電話がこない。

あまりにもこないので、送ってくれた友人に確認してもらうと、住所がわからなくて未達とのことだった。待ってくれ、電話きてないぞ。番号はさすがに間違ってはいない。

仕方がないので業者へ自分の住所を書き添えて問い合わせをする。翌日の返事は「配達圏外だから無理です。Amazonに確認してください」とのこと。さすがに面倒くさいというか、友達にも申し訳ないのでもう一度実家に送ってもらうことにする。

 

f:id:madokais:20160618234524j:image

だがしかしこのメール後も返事がなかった。私も病気で疲弊していたので気には留めつつも放っておいたらようやく3日後ぐらいに電話が来る。「大田区に送ればいいんですよね」「違います」という謎のやり取りも発生した。なんだろうこの配送業者…。

 

そして届いた水色の体重計は、ようやく実家にとりにいけた。色がとにかくいい。友達にも感謝のメッセージを送った。

 

こうして、ついに誕生日を迎えた気持ちになる。家からでられないどころか、ベッドから起き上がれない状態のときから、だいぶ私は回復している。治ってきている嬉しさもでてきた。

 

体重計に乗ってみる。

7キロ減っていた。