読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

睡眠、夢うつつ。

日々のことをつらつらと。

国分寺 ねじまき雲(陽)

f:id:madokais:20160918015633j:image

さて、本日は思い立ってのカフェです。

コーヒーをじっくり1人で味わいたいならここへいきましょう。はい、ここで仕事とかもだめです。この空間とこの時間とカフェをちゃんと味わうところです。

 

f:id:madokais:20160918015814j:image

国分寺の駅を南からおりていき、大体5分位でしょうか。とても入りづらそうな店が、ねじまき雲です。

 

f:id:madokais:20160918015957j:image

うん。

 

f:id:madokais:20160918020035j:image

ドアを開けるのにすこし勇気がいりますが、問題はありません。店主の要求はもっともな話で、空間作りのためにはむしろ客が理解しておくべき話。静かに、静かに。

 

f:id:madokais:20160918020212j:image

お店の内部はこんなかんじでした。ラッキーなせいか、私ひとり。私は壁際にすわってみたり。

 

f:id:madokais:20160918020403j:image

渡されたメニューがかつてなく小説感ありました。オーナー、かっこよすぎんよ…。(店内の方は優しい女性です)ねじまき雲のこともかいてありました。

説明も深く、長いので、パッと見てきめるかんじではありません。じっくりとです。

私はカフェラテを頼んでみました。

 

f:id:madokais:20160918020508j:image

 

f:id:madokais:20160918020543j:image

水だけでも興奮する。

なにこの洒落乙グラス!

 

f:id:madokais:20160918020619j:image

水出しコーヒーの機械。

 

f:id:madokais:20160918020647j:image

そして出てきたのはこちら。

一見普通に見えますが、泡のクリーミィさと、ミルクの滑らかさはこだわりぬいた結果なんだなとかんじました。砂糖をいれなくても、優しくて包んでくれるような甘さが自然とでていました。

 

 このお店は本当に1人でコーヒー楽しみに来たり、なにか考えたいときにやってくるところで、本当にその目的でいく店だとおもいました。仕事とかだめだよ!笑

 

音がまったく伝えられないのが残念ですが、世間から切り離されたこの空間は、現在2016年で見つけたカフェでも一番といいきれます。

 

いやぁ、いいとここれてよかった。

店主にはまたきますとつたえました。本当にありがとうございました。

 

それでは、また。

 

nejimakigumo.bitter.jp