#maddlog (旧:睡眠、夢うつつ)

青い食べ物やインテリアが好きな人です。最近はパンばっかり。

表参道 FRANZE & EVANS LONDON 表参道店/イギリスのトラディッショナルなスイーツ「イートンメス」を食しに FRANZE & EVANS LONDONへGO!

f:id:madokais:20190207003754j:image

こんばんは!まどかです。

イギリスに去年にいったときにイートンメスというスイーツを食べられなかった心残りがあり、東京で食べられるところを探していってきました。

その場所も、 FRANZE & EVANS LONDON。表参道から歩いて5分ほど、フライングタイガーの近くにそのお店はあります。

 

まずはじめにサイトを見てみると、本格的なシェフの味をカジュアルに楽しめる「フランツ&エヴァンス」は、イーストロンドン界隈で今もっとも注目を集めているカフェレストランだそう。クリエイティブディレクターのニコラ、シェフのコニー、パティシエのテレーザによるコラボレーションから生まれた独創的な料理とサービスがこのお店の特徴です。3人のルーツでもあるイタリアン料理や地中海料理をベースにした新しいモダンブリティッシュスタイルを提供とのこと。料理はクリエイティブであること、そして見た目の美しさまで徹底的にこだわった美味だそうです。

(イギリスにきたイタリア人が開業した店なんでしょうかね?と思いはするものの、イギリスのオリンピックを境にそういったお店は増えているのでそういうのもあるのかな)。

f:id:madokais:20190207003821j:image

こちらはカウンターの前に色々とおいてあったカップケーキたち。ロンドンでは主流のものも多いですね。私はイートンメスと紅茶を注文して席へ。20分ほど作るのに時間がかかるといわれました!長い!どれだけかかるんだ。
f:id:madokais:20190207003826j:image
f:id:madokais:20190207003802j:image

紅茶は先にいただきました。

店内はシックなデザインで、モダンブリティッシュな感じがありますね。
f:id:madokais:20190207003818j:image

さて、でてきたのはこちら。

早速食べきれる自信がなくなりました。リアルロンドンですかここは!ボリュームがブリティッシュ…!(アメリカの分量ほどじゃないけどイギリスも十分なボリュームです)。
f:id:madokais:20190207003810j:image

イートンメスとは、イートンという場所で生まれたスイーツなのですが、簡単に言うといちご(orベリー)とアイスとメレンゲを一気に混ぜてたべるというような食べ物です。
f:id:madokais:20190207003758j:image

上からみたところ。いちご炸裂。
f:id:madokais:20190207003814j:image

食べても食べてもいちごとクリームとメレンゲ

ようやく上の部分食べ終わったらジェルがでてきましたが。私はギブアップでした。残すわけにいかないので持ち帰ることに。あとあとになっておもいましたが、イートンメスは混ぜてたべるので、本来ならメレンゲを押し込んでしまわないとならないかもと思いました。
f:id:madokais:20190207003807j:image
そしてこちら、1800円ぐらいします。なので本当に食べたい人だけにおすすめします。

フタはスタッフさんにいったらくれました。ストローもつけてくれて助かりました。
f:id:madokais:20190207003751j:image

私が食べたのはイートンメスでしたが、その他カフェの利用もできますしランチもおいしそうなのでおすすめです。

 

ではでは、まどかでした!

 

www.franzeevans.jp

 

FRANZE & EVANS LONDON 表参道店

住所

東京都渋谷区神宮前4-9-4 1F

 

電話番号

03-5413-3926

 

営業時間

月~土 11:00~22:00 (L.O.21:30)

日祝 11:00~21:00 (L.O.20:30) 定休日不定

https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13191443/

恵比寿 レッドペッパー/サレルノ産水牛モッツァレラも名物のラザニアもどっちも美味しい!! カジュアルイタリアンレストラン「レッドペッパー」

f:id:madokais:20190207003517j:image

こんばんは!まどかです。

今回はレッドペッパーというイタリアンにいってきました。というのも恵比寿に友達が遊びにくるというので、何食べたい?と聞いてみたところイタリアンを希望されたのでおいしそうなお店として2人で行ってきました。

 

お店の名前は辛そうだけど、辛くないお料理がほとんどなので問題ないですよ。
f:id:madokais:20190207003529j:image

さて、こちらの名物はサレルノ産水牛モッツァレラ生ハムとルーコラ添え、そしてラザニアだそうです。ということで両方たのむことにします。

 

まずは店内!メニュー以外の当日おすすめは黒板をみてくださいとのことでした。
f:id:madokais:20190207003540j:image

頼んだ生ハム(ハーフ)はこちら。ハーフだけど結構な量です。チーズは濃すぎないのでチーズそこまで得意じゃない私でも食べられちゃいました!
f:id:madokais:20190207003536j:image

ピザはこちら。すでに切れているので取りやすくて助かります。こちらもとってもおいしかった…。
f:id:madokais:20190207003503j:image

名物ラザニアはグツグツとしている中でやってきます。バゲットと一緒に頼むのがおすすめです。これも名物なだけあって美味しいラザニアでした。普通のラザニアとは違います。スープのような感じでした。チーズがとろける…!
f:id:madokais:20190207003526j:image

アップ画像。
f:id:madokais:20190207003510j:image

最後のデザートはティラミスです。こちらも美味しかったー。

濃厚です。
f:id:madokais:20190207003522j:image

ラテもいただきました。
f:id:madokais:20190207003507j:image

お水の入った瓶はこちらです。魚の形がかわいかったのでパチリ。
f:id:madokais:20190207003533j:image

 

以上になります。

お酒飲まないこともあるため、2人で割り勘をして大体4000円ぐらいでした。

いろんなものをちょっとずつ食べた割にはそこまで高くならなくてすんでよかったです。お店も評価が高いけれど予約とれないほどということもなくて友達をつれていきやすいです。

 

それではそれでは

まどかでしたー!

 

 

お店情報

 

営業時間:
ランチ 11:30〜15:00(L.O.14:30)
ディナー 17:00〜24:00(L.O.23:00)

定休日:
無休 ※年末年始はお問合せをお願いします

総席数:
42席

宴会最大人数:
着席時45人

カード:
VISA, MASTER, JCB, DINERS CLUB, AMERICAN EXPRESS

駐車場:無
TEL & FAX:03-3280-4436

〒150-0013
東京都渋谷区恵比寿1-12-5
安島ビル1F

JR恵比寿駅 東口 徒歩3分
地下鉄日比谷線恵比寿駅 徒歩3分

 

 

 

 

サイト

www.take-5.co.jp


f:id:madokais:20190207003513j:image

五反田 Bread & Coffee IKEDAYAMA/噛むほどに小麦のうまみが味わえる! ブレッド&コーヒー イケダヤマのバゲットは文句なしのクオリティ

f:id:madokais:20190206003209j:image
こんばんは!まどかです。


JR五反田駅から徒歩5分。都内でも珍しい自家焙煎コーヒーと自家製パンが両方同時に楽しめるベーカリーカフェ「ブレッド&コーヒー イケダヤマ」にいってきました。パンも、コーヒー(自家焙煎)も自家製にこだわって作っているこちらのお店は、イートインスペースもあるので、買ったパンを店内で食べることが可能です。

しーんとしずまっている住宅街のビル一角にこちらのお店はあり「こんなところに突然オシャレなお店が!」と、驚きました。周りは特に似たようなお店があるわけではありません。そんな中、お客さんがたくさん賑わっていて「人気店なんだな」というのがすごく感じられました。
f:id:madokais:20190206003212j:image

 あったー!君だー!

さっそく1ついただきました。

f:id:madokais:20190206003224j:image

お店はこんな感じなのですが、人がたくさんいるので上のほうをうつしました。

撮影はしてませんが奥は厨房でパンが焼かれているのを見ることができます。
f:id:madokais:20190206003216j:image
お店ではカフェラテも購入しました。
f:id:madokais:20190206003228j:image

こちらもいい香りです!カフェラテは飲みやすくてそこまで苦くありませんでした。すっと飲めてしまうので駅に戻る前に飲み切ってしまいました。

 

それでは実食。
f:id:madokais:20190206003220j:image

断面はこちら。
f:id:madokais:20190206003205j:image

すだちがかなり大きいですね。

かみごたえあって、お店の紹介の通りかむほど小麦粉のうまみを感じることができます。なかはややブラウンで、甘みも感じます。食感はしっとりさともっちりさもあり、バゲットとしては食べてて楽しい1本だとおもいます。クープの数も4本。エッジも強めなのでパリパリ感と香ばしさを感じたい人には食べたい箇所としてありがたいとおもいました。

それでは、まどかでした!

 

住所

東京都品川区東五反田5-10-18

 

営業時間

8:00~19:00

日曜営業

 

席の予約は行っていないそうです。 

 

r.gnavi.co.jp

 

f:id:madokais:20190206003233j:image

高輪 ブーランジェリー セイジアサクラ/ここまで過激で尖ったバゲットは初! 多くのメディアが注目するパン屋「セイジアサクラ」のパンをゲットしに高輪に突撃!

f:id:madokais:20190206002949j:image

タイトルは村上春樹パン屋襲撃ではありません。

さてさてこんばんは。まどかです。書きづらいお店の一つに行ってきました。

 

なんで書きづらいかというとブーランジェリー「セイジアサクラ」はこれまでも数々のメディアは取り上げていて、すでにテキストで読める彼の信念と個性的なパンについてはパン通には知れ渡っているためです。カイザーとガナショーで修業を詰んでおり、製法を身に着け、そして高輪で世界一のパン屋になるために日々パンを作られているという人です。

というのも高輪はなんだか「その筋のスゴい店」が多く存在しており、以前コーヒーのsaiというお店にも訪れたりしたときも「このバリスタかなり実績ある人だしすごいな」と思ったりしたし、高輪スゴくね!?っていつも思います。ゲートウェイについては触れないことにします。

 

前置きが長くなりました。

セイジアサクラというこちらのお店は(だんだん呼び捨てでいいのかという不安が)パンオブザイヤーで受賞をしたことがあるほどのパン屋さんです。2014年はバゲット部門、2015年はカレーパンです。

f:id:madokais:20190206003007j:image

 

さて、そんなわけで私がかいにきたものはバゲットです。自分はアップルパイを定点観測してますが、こちらは見当たらないので割愛。そのかわり、ベリー系のパン「キャトル・フリュイセック」をあわせて購入しました。キャトルというからには4つの何かなんだとおもいますが、それはよくわかりません(説明の通りだとフルーツだと思います)。バゲットバゲット…と探していたら「あった!!奥!」となりました。お店はそこまで巨大ではないのですが、すでに人でいっぱい。ドアには焼き上がりの時間がかかれており、マニアはこれを見て出来立てのころ合いでやってくるんだろうなと思いました。

f:id:madokais:20190206002954j:image

ブーランジェリーで赤がベースになったお店は初だなとおもいます。だいたい小麦色や木をベースにしたブラウン系だったりしていますが、こういったところもこだわっているのでしょうね。黄金のトングを見たときには腰がひけました「高級感あるわ…」。

f:id:madokais:20190206003016j:image

目的のパン。クープは7つ。縁起よし。
f:id:madokais:20190206002942j:image

お店の袋、こちらも珍しく水色に赤文字です。

これも初めてです。普通パン屋さんで寒色系の色を使うところはあまりないので。(クロスロードはそういえば水色でしたが)。
f:id:madokais:20190206002933j:image

 

さて、実食行きます。

色合い、激しい!!よいダークブラウンですね。

f:id:madokais:20190212222324j:image

底は粉の白が目立ちます。ナイフ通したときにめりこんでいく感じがありました。私みたいに不器用だとヒビが入ります。
f:id:madokais:20190212222332j:image

 

断面図はこちら(下の画像)です。見たことなさすぎじゃないですか?

この強火、覆うクラストの強度。中に大きな空洞もあるわけではなく、あまり水分を含んでいないのかな?とおもいます。

 

とはいえ、バゲットについては文春側ですでに記載されており、その特徴は下記の通りとなります。私はパン素人なのでこちらのパンの内容については玄人に任せます。アサクラさんは数々のメディアがとりあげてきた通り、由緒あるパン屋での修業を詰んできており、日本ではその知見を活かしてパンにおいてイノベーションを起こすレベルのチャレンジをされている方です。

==

ぎらぎらした甘さは、粉に水をしっかり吸わせて麦のポテンシャルを最大限に発揮させる、ベルナール・ガナショーのポーリッシュからヒントを得たもの。麻薬のような旨味は、発酵種(ルヴァン)を思いのままにコントロールするエリック・カイザー譲り。そして酵母の香りの刻印はセイジアサクラ自身。

(3ページ目)世界一のパン屋を夢見る男「セイジアサクラ」とは | 文春オンライン

==

 

小麦の香りがつよく、すごく独特なことは確かです。いままで食べてきたしっとりもっちりとはまったく別方向。特徴的な香りが強く、エッジもあり、けれども多くの人を虜にする力強さを感じます。
f:id:madokais:20190212222313j:image

表面の雄々しさをみるとこれだけでも驚きます。
f:id:madokais:20190206003003j:image

クラストはたしかにコンソメのような濃さがあり、パリッパリにしあがっています。そしてこれを口に含むと小麦の甘みが舌いっぱいに広がり、形容するなら食べる香水のような感じ。中もここまで濃いブラウンなのも珍しいと思います。食べた感じはサッパリ系ですが、パサパサしているわけではありません。
f:id:madokais:20190206002958j:image

開いてみたところ。
f:id:madokais:20190206002946j:image

 

そしてもう一つかったベリーがたくさん入ったこちらのパンですが、ジューシーでとても美味しかったです。やっぱりこちらも表面のクラストがパリパリしててすごく好き。オーブンがかなり強力なものを使われていると思いました。なんだろう、ベートベンみたいな感じなんですよねー。迫力があります。もちろんこちらのパンも美味しくて、もう一つ買っておけばよかったなと思いました。
f:id:madokais:20190206002937j:image

そして 私はいよいよ「パン切り包丁を買おう」という気持ちになり、さきほど注文しました。

 

ブーランジェリー セイジアサクラは2008 年9月1日開業のお店。

アクセスは下記の通りです。


東京都港区高輪2-6-20
朝日高輪マンション104号
03-3446-4619
9:00~18:30
木曜休

 

ではでは、まどかでした!

 

参考サイト

bunshun.jp

ajibana.jp

www.panportal.jp

 

f:id:madokais:20190206003011j:image

麻布十番 ホノルルコーヒー/コナコーヒーと共にハワイアンタイムを過ごせるホノルルコーヒー 独特な香りに幸せを感じる一杯

f:id:madokais:20190203005554j:image

こんばんは!まどかです。

今回はホノルルコーヒーにいってきました。以前も行ったことがあるのですが、やっぱり落ち着くんですよね。麻布十番であまり行きつけのカフェを見つけられていない以上、ふらふらと歩いてはここにたどり着いてる気がします。

 

ホノルルグリーンと呼ばれるグリーンを使用したHONOLULU COFFEEは、コナコーヒーと共にリラックスできるハワイアンタイムを過ごせることをコンセプトにしたHawaiian Coffee Placeとして経営されています。

実際にハワイ州コナ地区でしか収穫できない選び抜かれたコーヒー豆を、ローストマスターが腕によりを掛けて焙煎し、最高峰のコナコーヒーを作り上げ、伝統的なパンケーキとALOHA Smile(笑顔)のスタッフのおもてなしによって、日本にいながらもハワイに滞在しているような空間作りにつとめているとのこと。こちらはサイトより参照してます。

 

さて、ハワイにいったことがない私は「ホノルルグリーン…これか…」と今知りました。彼らのコンセプトには同意する部分があり、つまりは居心地の良さはかなりいいと思っています。私自身はハワイもハワイなスマイルも体験したことがないのですが、スタッフとお店を通じてそれは伝わってきていると思っています。
f:id:madokais:20190203005557j:image

私が頼んだのはラテでしたが、ほどよい温度で飲みやすいテイストにしあがっていて、この独特な香りはリピートしたくなります。前回はケーキ食べたんですが、今回も食べればよかったなーと思いました。夜遅くにいったこともあり、それはまた今度。

 

ではでは、まどかでした! 

 

〒106-0045
東京都港区麻布十番2丁目14-2 イデア麻布十番 1階、2階

 

honolulucoffee.co.jp

 

過去エントリ

madokais.hatenablog.com

外苑前 まかでき食堂/一日一メニューだけのお店!産地直送野菜たっぷりの「まかでき食堂」のランチはヘルシーでコスパも良し!

f:id:madokais:20190211223654p:plain

こんばんは!まどかです。

今回は外苑前の人に限定っぽいお店の紹介ではありますが、素晴らしいランチを提供するお店を見つけてしまったのでご紹介します。

 

お店を見つけた、というよりは同僚おすすめのお店でして「いつもインスタにメニューを公開していて、それをみて食べたいと思ったらいく」と言って教えてくれたものです。というのもこちらのお店、1メニューしかありません。1日日替わりです。日々、産地直送のお野菜を使った和食を提供しており、野菜とりたいなーと思った日におすすめ。1メニューしかないこともあり、悩む必要もなければ待ち時間もそこまで長くありません。ちなみにお茶はセルフです。

 

まかでき食堂さんのインスタはこちら。

www.instagram.com

見るからに美味しそうです。

 

f:id:madokais:20190211223841p:plain


お店はビルの6階にあって、中央に大きなテーブルがあり、それ以外だと小さな2人と4人席がおいてあります。和食かつヘルシー系なので、そこにもう興味がある人でないと来てないこともあり安心できます。
f:id:madokais:20190203005417j:image

私がいったときはこちらのお料理でした。確か1月28日です!

生姜の入ったお料理だったので本当にあたたまります。美味しかったー!
f:id:madokais:20190203005410j:image

 

少々限定された場所のようなものですが、外苑前のランチというのは結構和食探すのに苦労したりもするので、もし野菜たくさん食べたいぞ!というときはご参考になさってくださいませ。

 

それでは、まどかでした!

 

〒107−0062

東京都 港区港区南青山3-2-7
03-6447-2822

 

南青山・外苑前のビルの6階で、産地直送野菜たっぷりのランチを毎日1種類、日替わりで提供。wifi、電源完備。
営業時間:12時〜17時半(ランチL.O.15時)/不定

www.instagram.com

高円寺 HATTIFNATT(ハティフナット)/絵本作品の中に入り込んだ気分になる!レトロでキュートなハティフナットで手作りケーキを堪能!

f:id:madokais:20190202233440j:image

こんばんは!まどかです。

今回は珍しく高円寺のハティフナットさんにいってきました。友達が気になっているお店ということで、自分のセンスではないチョイスがすごく新鮮です。店の前にたって「や…やばいかわいい!!」となっていました。入口は子供サイズ?ぐらい小さいので私はかがんで入りました。

 

入口はカウンターになっていたのですが、私は一番上の席というところで、こちらの席へ。目の前がレトロなレジとかおいてある…!なんだこの…かわいい!
f:id:madokais:20190202233453j:image

前です。
f:id:madokais:20190202233457j:image

店員さんをよぶときは、この右側にある糸に鈴がついているのでならして呼ぶんだそうな。こわいわ!
f:id:madokais:20190202233512j:image

友達がまだきてなかったのですが、先に水をもってきてくれました。

さて、いろいろお気づきかと思いますが梯子で登ってきたこちら、とてもこわいです!高い!そして熱がこもりやすいので、熱くなったら扇風機をまわして調節してくださいとのことでした。夏専用かと思ったら違った。
f:id:madokais:20190202233425j:image

下の階はテーブル。です。
f:id:madokais:20190202233516j:image

ぐっと乗り出すとこんな感じ。高所恐怖症なので上ったはいいものの降りるのは勇気がいると思ってました。

f:id:madokais:20190202233421j:image

 

 

そしてメニュー表はこちら。いろいろある!!

ドリンク、ケーキ、メイン、ティー、それぞれあります。
f:id:madokais:20190202233502j:image


友人がきたのでタコライス注文。リアルにタコが入ってました。うまかった。
f:id:madokais:20190202233430j:image

かわいいラテアート!
f:id:madokais:20190202233436j:image

友達は白クマのをオーダーしてました。

とりわけ用のお皿もかわいいです。
f:id:madokais:20190202233520j:image

 

 さて、HATTIFNATTのケーキはオーダーをお受けしてから作るという手法をとっています。生クリーム、パイ、カスタード、スポンジなどフレッシュなケーキをいただくということが可能。こちらは先に頼んでしまおうと思って最初に頼んでおいたので、タコライス食べ終わったころにもってきてくれました。だいたい所要時間は10-15分ということで、そこまで時間はかかりません。
f:id:madokais:20190202233449j:image

タコライスもとってもおいしかったのですが、ケーキも濃厚でとても美味しかったです。結構本格的にお料理に力がいれられていたのが嬉しい。レトロかわいいだけではなく、お料理も凝っていて美味しいというのがハティフナットのポイントだと思います。ドリンクもおいしそうでした。 

 

こちらのお店、高円寺だけでなく吉祥寺もあるようです。

雰囲気に差はなさそうですが、ハマりそうな人には足を運んでもらいたいお店です。

ではでは、まどかでした!

 

HATTIFNATT -高円寺のおうち-


 東京都杉並区高円寺北2-18-10
 TEL : 03-6762-8122
 FAX : 03-6800-3416


 営業時間
 月―土12:00~23:00
 日曜日12:00~22:00
 定休日:不定

 

公式

www.hattifnatt.jp

 

twitter

twitter.com

 

 

スタッフブログ

ameblo.jp