睡眠、夢うつつ。

日々のことをつらつらと。

高知 CHOCOZEYO

f:id:madokais:20180211122250j:image

バレンタインも終わり、それでも1月に買ったチョコレートを食べては感想を書いているという、だんだんとチョコレートブログになってますがそんなことはありません。しかしチョコレート感想はまだ続きます。このぶんだと三月からバレンタインレビューになるかもしれない…。あっ、もちろんですけどあげるとか考えてません。自分のために買ってます。

 

f:id:madokais:20180211122433j:image

紹介が遅れましたがCHOCOZEYOは高知からきたお店です。お砂糖以外で甘みをいれてるのが特徴。マダガスカルのカカオ、しかも加熱してないのでローチョコレートの割合が高いものです。すでに風味が濃厚でほかとは違う。

 

ここのお店、ヤーコンやステビアなどをいれてるのでお砂糖の甘さではないのですが、後味として梨の果実のジューシーなところが残るという印象を持たせてくれます。はじめに濃厚なチョコレートを食べたあと、果物の甘みでフィニッシュするので別のものを食べたような感覚になるのが面白いです。

 

もはや説明をド忘れましたがいってQのイモトとなにかの同行をしてるとかで写真飾ってありました。マダガスカルいくときはついてってるのかな。

 

ここは特徴やこだわりがかなり主張が強いのでわかりやすい作品だなとおもいました。

パッケージとアフリカのバナナ繊維と日本の和紙技術で作ってるとかで、抜かりないものになっています。

 

 

公式サイト

https://www.chocozeyo.com